面倒なムダ毛の自己処理から解放されたい、自己処理では得られないような脱毛効果を実感したい、現在は美意識の高い女性が増え、ムダ毛の処理を脱毛サロンなどで行う時代になりつつあります。
ワキ脱毛は脱毛部位の中でも定番とされており、サロンに通うほとんどの人が受けていると言われています。
次いで足や腕の人気がありますが、最近注目されているのがアンダーヘア脱毛です。
vio脱毛やハイジニーナ脱毛などとも呼ばれており、女性の身だしなみのひとつとして受ける人が増えています。
これからアンダーヘア脱毛を受けようと思っている人も多いでしょうが、せっかく脱毛を受けるのなら予約が取れやすいサロンを選びたいですよね。
施術や脱毛効果には満足だけど、希望の日に予約が取れないというサロンも少なくありません。
希望の日に取れないと次に予定が立てられるのはひと月先、ということもあるでしょう。
そういった人におすすめなのが、同じ系列のサロンであれば店舗が違っても予約を取ることができるというシステムを採用しているサロンを選ぶということです。
こっちはダメだけど向こうは大丈夫、といったこともあるので、より通いやすくなります。
最近はそういったサロンが増えてきており、忙しい人にぴったりです。

人気の形を調べてみた

アンダーヘア脱毛も定番となりつつありますね。
コンパクトなデザインの下着や水着が主流になっている海外ではデリケートゾーンの脱毛は身だしなみのひとつと考えられており、きちんと処理をすることは一般的です。
日本でもデザイン性の高い下着が多くなってきたこともあり、デリケートゾーンをお手入れする人が増えています。
これからアンダーヘア脱毛をしようと考えている人のために、人気の形を紹介します。
ひとつ目はもともとの形をそのままコンパクトにしたナチュラルな雰囲気が人気のトライアングル型です。
どの世代にも受け入れやすいタイプですので、迷った時はオーソドックスにトライアングル型を選ぶことをおすすめします。
2つ目は丸みのあるフォルムが優しい雰囲気を醸し出してくれるオーバル型です。
トライアングル型と同じように見た目はナチュラルですので、温泉などに行ったときでも違和感がありません。
3つ目は無毛には抵抗があるけど、なるべく毛量を少なくしたいという人に支持されているI型です。
その名の通り中央に「I」の形で毛を残すので、ムダ毛がはみ出る心配は皆無です。
ほかにもハートなど好きなデザインにすることも可能ですので、スタッフに相談してみましょう。

自己処理のデメリット

アンダーヘア脱毛は、VIO脱毛とも呼ばれるもので、ビキニラインでもあるVライン、陰部周辺のIライン、そして肛門周辺のOラインの3つの部位を脱毛する事を意味しています。
OラインやIラインと言うのは、自己処理では難しいもので、特にOラインは身体の後ろに当たる部位ですので、自らムダ毛の処理を行う事は困難な場所です。
また、Iラインは万が一傷をつけてしまえば怪我をしてしまう事からも、自己処理で行うには危険な部位と言えます。

これに対し、ビキニラインのVラインと言うのは下着からはみ出てしまう部分の毛になり、自己処理でムダ毛を処理していく女性は多いのが特徴です。

但し、ビキニラインと言う部位は、デリケートな部位であることからも自らのムダ毛処理はお勧め出来るものではありません。

また、ビキニラインはカミソリなどを使って剃り毛を行う事で色素沈着が起きやすい場所でもあるのです。
これはデリケートな部位であることや、カミソリを使う事で刺激を与えてしまい、これが原因となり黒ずみと言う色素沈着が起きてしまうのです。

これは自ら行う剃り毛などにおけるデメリットでもあり、アンダーヘア脱毛は自ら行うのではなく、脱毛サロンやクリニックなどの専門施設でアンダーヘア脱毛を受ける事が良いと言われているのです。