ハイパースキン脱毛の仕組みと痛み

ハイパースキン脱毛の仕組みは、発毛の周期の中の休止期と言われる期間に対して、特殊な光を照射して発毛因子を減少させて行く方法になります。そうすることで発毛ができない状態にします。毛の種にだけ照射する方法なので高い熱は必要としません。レーザー脱毛のように、生えている毛もしくは将来抜け落ちる毛に対して対処する方法ではなく、ハイパースキン脱毛の場合、毛が落ちた後または生えて来る前の状態にだけ施術を行います。レーザー脱毛は、毛乳頭に達する前に毛が切れてしまうので、毛乳頭に毛が残りやすく、そこからまた毛が再生する可能性が出てきます。またレーザーの場合、高熱で施術するのでかなりの痛みが伴います。その点、ハイパースキン脱毛は、休止期の毛穴に処理できるので、発毛や再生を予防できるメリットがあります。また熱くないので、火傷による炎症などの後遺症の危険性が少ないです。ハイパースキン脱毛の痛みはほとんどありません。痛みを伴わず脱毛ができる方法です。痛くないのはまさにその仕組にあり、レーザー脱毛のように毛根を熱で焼くのではなく、毛の種である発毛因子を光照射で消滅させます。

SSC脱毛(光脱毛)の仕組みと痛み

SSC脱毛の仕組みは、まず毛が生えている状態で施術をし、ジェルを肌に塗って光を照射していきます。そうすると2週間前後で自然に毛が抜けるようになります。施術を繰り返すと毛母細胞がダメージを受けるので、制毛の効果が得られるようになっています。SSC脱毛は、1秒で約200本の処理ができる脱毛法で、両ワキ脱毛なら3分で完了します。SSC脱毛は、光脱毛の一種ですが、イタリアで研究開発された美肌効果のある施術方法であることが特徴になります。クリプトンライトという光とビーンズジェルというジェルとの組み合わせで脱毛し、クリプトンライトとビーンズジェルを同時に併用することで、肌への負担を軽減する効果が得られるのです。施術時間の短さと肌への影響が少ないのがメリットですが、永久脱毛はできません。しかし、料金がかなり安く、肌ストレスも少ないので、SSC脱毛は全身脱毛によく使われています。SSC脱毛の痛みに関しては、肌に優しい方法なので、ほとんどありません。肌に優しく痛みが少ない脱毛法で、ジェルの上から光を当てるので美肌効果もあります。

医療レーザー脱毛の仕組みと痛み

医療レーザー脱毛は、特定の色だけに反応するレーザーの特質を生かした脱毛法なので、他の皮膚組織にダメージを与えることなく脱毛できるメリットがあります。その仕組みは、まずレーザー光を当てることで、皮下のメラニンと毛根部に熱が吸収されます。その後、放熱によって毛の製造工場と言われる皮脂腺開口部や毛球部に熱的損傷が与えられ、結果、毛が生えてこなくなるのです。医療レーザー脱毛は、広範囲の脱毛処理が短時間で済み、ワキ脱毛なら10分位でできます。1回の照射で直径1cmくらいの脱毛ができるので、両ワキでも1回10分程度でできるのです。脱毛終了までの期間は、脱毛したい部分や毛の状態によって違いますが、大体1年~1年半くらいで脱毛が完了します。医療レーザー脱毛は、肌に優しい脱毛法で、医療レーザー脱毛なら、毛根の部分のみに作用するので、肌を痛めることがありません。痛みに関しても少なく、個人差はありますが、医療レーザー脱毛の場合は痛みがかなり少ないです。ニードル脱毛よりはかなり痛みが少なく、輪ゴムをはじいた程度の感覚の痛みです。